>

掲載する前に

決められた範囲内で

現在では雇用に関する法律は以前よりも厳しく定められています。
記載内容に誤りがあると掲載を拒否されることもあります。
女性限定としたり、20代のみという記載は、好ましくありません。
なので、女性が活躍や20代女性が大半という表記がなされているようです。
他にも労働時間や休日に関する取り決めなどもあり、条例によって定められている地域もありますので、記載内容には注意を払う必要があります。
また明らかな虚偽の内容や根拠のない内容などは後々トラブルに発展する恐れもありますので、避けた方が賢明です。
また一般的な求人媒体では、過激なサービスを提供するお店の掲載は断られるケースが殆どです。
そういったお店は、専門の求人サイトがありますので、最初からそこに掲載する方がよいでしょう。

性格に、誠実に

雇う側としては、できるだけいい人材を入れたい。
募集広告にお金をかけたくないのでできるだけ1回の掲載で必要人数を確保したい。
長く続けられる人を採用したいというのが本音ではないでしょうか。
雇われる側としては、いい店に入店したい。
出来るだけ収入を多くしたいというのが応募する動機です。
この条件が一致すればよいですが、理想どおりにはいかないものです。
ついつい誇大広告を打ってしまうというようなことがないようにしたいものです。
SNSやインターネットが普及している現在、匿名での情報提供はいくらでもできます。
掲載されている内容に嘘偽りがあったなどが発覚した際、後々トラブルに巻き込まれない為にも情報は正確に、誠実に載せる方がよいでしょう。


この記事をシェアする