>

分かりやすいことプラスアルファ

出会いを多くする為に

求人広告は、ほとんどの場合が有料です。
1回の募集でなるべく多く出会いたいのが本音です。
求人募集を出すとき、全ての人に向けて発信してみたら、どうなるでしょうか。
高時給、高待遇で、勤務時間も場所も理想的だとしても、年齢制限であったり、男女の性別であったりで、応募そのものが出来ない人が殆どです。
そして、その場合は、当たり障りのないぼんやりとした情報やキャッチコピーにしかできませんから、本当に届けたい人のところに届かないことが殆どです。
また場所も例えば都内など曖昧にしていると、同じ都内でも交通費が何千円とかかるようなところから応募されても双方が期待に添えない結果になってしまいます。
働いて欲しい人の年齢層、住んでいる場所、を具体的に思い浮かべたキャッチコピーが必要です。

キャッチコピーの極意

求人広告は、ラブレターです。
普通のラブレターと違うのは、宛先が特定の人物でないだけです。
しかし具体的な誰かを思い浮かべなくても、求める人の理想像はあるわけですから、そこに当てはまる人に向けて言葉を発信すれば、その言葉に引かれる人は確実にいます。
あとは短い言葉にどれだけの会社や店側の熱意を込められるかです。
とはいえ、詩人になる必要はありません。
等身大のお店の雰囲気や働いている人たちの雰囲気を言葉にすればよいのです。
あまりにかけ離れていると、実際に面接に来たときにギャップを感じてしまい逆効果になってしまいます。
応募が来ることがゴールではありません。
求人のゴールは、応募者が入店し、長く働き続けることがゴールなのですから。


この記事をシェアする