経営者から学ぶ、良い風俗の求人の出し方

良い出会いを導く為のヒント

分かりやすいことプラスアルファ

求人広告に対する応募が多い広告にする為に、次に必要なことは何でしょうか。 どの業種にもあてはまることですが、老若男女すべてに向けて当たり障りのない文章を作るのではなく、ターゲットを決めて、そこに向けて発信するということです。 それがどういうことなのかを具体的に検証してみます。

掲載する前に

基本情報は明確に記載し、ターゲット層を絞った内容に仕上がって、いよいよ情報媒体に掲載という段階になって、気をつけなければならないことがあります。 それは、募集内容が法律に違反していないことです。 どの様な点に注意するべきなのかを検証していきます。

こんな求人広告は嫌だ

会社が百社あれば百通りの募集文句がありますが、中にはこれは明らかに虚偽の内容が含まれるだろうと誰もが思うような募集広告もあります。 そういった広告には、応募者は目もくれません。 どんな内容が目をとめるのか、どんな内容は怪しまれるのかをまとめました。

誰に向けるか

どこの業界でもそうですが、求人広告は、分かり易い、情報が簡潔に伝わるということがベストです。
仕事を探している方は、雑誌やWEBやアプリなどから情報を得ます。
そんな時に、職種も業種も分からない、ただ闇雲に一緒に働く仲間を探しています。という熱意だけがあっても、詳しいことが何も分からなければ怪しすぎて誰も見向きもしません。
ましてや風俗業界だとしたらなお更です。
仕事を探しているほうは、安全、安心かつ高時給を求めているので、怪しげな広告は避けようとします。
求人広告を出して直ぐに募集が集まるところは、まず、必要な情報がすぐに分かるところです。
チェックする項目は、まず勤務場所、勤務時間帯、ノルマがあるのかないのか、未経験でも大丈夫なのか、経験者の方がよいのかなどの基本情報です。
その条件をクリアしたら、プラスアルファで、どんな雰囲気のところなのかを知りたいと思う人が多いでしょう。
詳細は、自社のホームページへとしてもよいですが、よほど興味をもたないとそこまで見ないことの方が多いです。
しかし、写真と言っても、実際に働いている人を載せるのは、載せられる方が抵抗がある人が多いのと、もし自分がそこで働くことになったら、求人誌に写真を掲載されるかもしれないと想像してしまい、その時点でそこに応募する可能性は低くなります。
基本情報プラスアルファの部分は、これまでの既成概念を捨て、応募する側の気持ちに立った求人広告にすれば、応募までのハードルが下がることは間違いないです。